保険は、他の品物と比べて店頭で手にとって触る事は出来ません。実際に使用してみてどんな使い勝手なのか試してみる事も出来ません。生命保険に加入すると、保険証券と保険約款が手元に来ますが、証券はその保険に加入した証明で、約款は契約の内容説明になります。

 

どんなときに保険が支払われるか、どんな事が保険対象外になるのか、といった細かな取り決めが無数に書かれているのが保険約款です。保険に入るという事は、保険会社と保険の支払い条件について様々な約束を取り交わす事だといっても良いと思います。ただ、この約款内容の全てを理解して保険加入している人はごく僅かです。だからこそ、加入内容が自分の意向に沿っている商品なのか保険の見直しが必要になってくるのです。

 

その保険に加入した時は最適の保険でも、時が経って「転職」「住宅購入」「起業」「結婚」など人生の分岐点を迎えた時に、今までの契約内容とズレが出てくる事もあります。定期的に、そして計画的に保険を見直す事は、自分の人生や家族を守ることにもなります。しかし、ネットなどで保険について自分なりに調べてみても、情報が氾濫しすぎていて保険をどの様に選んでいいのが逆に迷います。

 

保険料だけを判断基準にして、よく考えずに既存契約解約してしまい、後で保険を使う事になった時に後悔する事もあります。
保険の見直しには、保険の知識と総合的な判断がどうしても必要となります。最近は無料保険相談が出来る場所が増えています。商業施設のなかや駅前など、あちこちに保険無料相談の店舗が増えています。これらの店舗の特徴は1社だけでなく複数の保険会社の商品を取り扱っている点です。

 

複数社の保険商品から、各商品の特徴や違いを説明してくれるので、その過程で自分にどんな保障が必要なのか、どんな保険に加入すればいいか気が付く事が出来ます。ほとんどのケースで、相談は無料で、しかもわからなければ何度も相談できる点も安心です。